一本橋特訓「20秒」タイムチャレンジ:方法とコツ


































今回改めて感じましたが、一本橋は難しいです。15秒を越えたあたりから、1秒を伸ばすのがとてつもなく長い道程に感じました。
教習所を卒業するのにここまで練習する必要はあまりないとおもいます。しかしやはり可能な限りの上達をしたいので今回は挑戦させていただきました。
タイムを稼ぐのは脱輪試験中止(と急所直撃)のリスクが伴います。それに10秒以上たたき出してもその分が加点されるわけではありません。
卒検対策は過去にやりましたがその通りで、あまり試験で時間稼ぎには終始しない方が良いと思います。やはり橋を渡りきる事を第一にし、決して粘らないでください。
ただし、一発免許試験では試験官の心象が大きい要素なので、13秒くらいは粘りたいところです。規定秒数に達しても技術的に余裕無しと判断されると落とされる場合があります。
この動画チャレンジがみなさんのバイクライフのお役に立てれば幸いです。

ホワイトベース教習所アドバンスド Powered by SRTT
リクエストはshohei010@gmail.comまでどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする