新型ゴールドウイング (ホンダ/2018) バイク試乗ショートインプレ・レビュー・試乗会ダイジェスト HONDA ALL NEW GOLD WING TEST RIDE


































2018年4月6日、静岡県の日本平で開催されたホンダ報道試乗会において収録した新型ゴールドウイングの試乗ショートレビューをお送りします。

~以下、ホンダモーターサイクルジャパンのWEBサイトより抜粋~
【新設計1,833cm3水冷4ストローク 水平対向6気筒エンジン】
エンジンは、モーターサイクルでは唯一無二の水冷4ストローク水平対向6気筒を継承しながら全てを新設計。重厚感、パルス感を持つサウンドを伴った余裕あるトルク特性によるゆったりとしたクルージング性能と、低速域からのトルク感溢れるダイナミックな加速フィールを両立。さらにCRF450Rなどで実績のある新世代ユニカムバルブトレインなどの採用により、運動性能の向上に寄与する軽量コンパクト化も追求している。

【リバース機構を組み込んだ第三世代Dual Clutch Transmission(DCT)】
2組のクラッチの切り替えにより、駆動力に途切れのない、スムーズで素早い変速を追求したDCT。Gold Wingでは、そのトランスミッション構造を活かしてリバース機構を組み込んだ微速前後進機能(ウォーキングスピードモード)を採用した7速+リバースの第三世代DCTへと進化。駆動力の途切れないシームレスな変速とスポーツバイクならではのダイレクトな駆動力という従来からのDCTが持つ魅力と合わせ、7速化により巡行時の燃費や静粛性をさらに向上。左手ハンドルスイッチのボタン操作だけで微速前後進を可能とし、切り返しや駐車場等で低速での取回し易さを追求している。

【快適な乗り心地と軽快なハンドリングを両立するフロントサスペンション】
ショックを吸収するクッション機能と転舵機能を分離することで、走行時の軽快なハンドリングと上質な乗り心地を実現するHonda独自の二輪車用ダブルウイッシュボーンフロントサスペンション。ロングホイールベースによる安定感を活かしたまま、切り返しや進路変更など、市街地での頻繁な操作にも軽快なハンドリングで応え、加減速時や路面ギャップによるショックの少ないシルキーな乗り心地を実現している。

【関連ページ】
ホンダ・新型ゴールドウイング 製品概要
http://www.honda.co.jp/GOLDWING/

【映像制作・配信】
MotoBasic
http://motobasic.com/
#MotoBasic

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする