スウィッシュ(SWISH)/スウィッシュ リミテッド スズキ新製品説明会ダイジェスト SUZUKI NEW SWISH / SWISH LIMITED MEDIA LAUNCH DIGEST

2018年5月30日に開催されたスズキ スウィッシュ(SWISH)/スウィッシュ リミテッド新製品説明会の模様をダイジェストでお送りします。(報道関係者向けのプレゼンテーションであることをご了承ください)

——以下、スズキWEBサイトより抜粋——
【走りを追求した10インチタイヤ】
軽快な操作性と、様々な路面状況での優れた操縦性を追求。 10インチアルミキャストホイールを装備し、前後輪100/90-10を採用。5本スポークデザインは、スポーティな外観にも貢献。

【優れた走行性能を実現するサスペンション】
リヤにはアルミ製スイングアームを装備した2本サスペンションを装備。不等間隔で巻かれたプログレッシブスプリングを採用。優れた路面追従性を実現し、快適な乗り心地に貢献。また、タンデムや積載状況に合わせ3段階のスプリング調整が可能。より車体全体をしっかりさせ、優れた走行性能を実現。フロントはフォークブーツを標準装備したテレスコピックサスペンションを採用。フロントブレーキには、直径200mmディスクブレーキに、2ポットキャリパーを採用。高い制動力を発揮。

【力強い加速と優れた燃費性能を両立したエンジン】
スズキ独自の先進技術を集結したSEP(SUZUKI Eco Performance)エンジンを搭載。限られた空間の中で最大のエンジン性能を発揮するために、エンジンレイアウトの検討を重ね、軽量、コンパクトに造ることができ、部品点数も減らすことができる空冷エンジンを採用。一つ一つのエンジン部品にこだわり、フリクションロスを低減し、リニアなスロットルレスポンスを追求。力強い加速と、高い燃費性能を両立。また、優れた燃焼効率により平成28年国内排出ガス規制に適応。

【足つき性が良く、ゆとりのあるフロアボード】
取りまわしのしやすいコンパクトな車体と、自由度の高いライディングポジションは、跨った時に一体感が生まれる。広々としたフラットな足元スペースを確保。足元に窮屈さを感じることなく、ライダーが足を地面におろしやすいように、左右の足元付近を絞り込んだカットフロアボードを採用。快適な足つき性を実現。

【毎日使うスクーターだから使い勝手の良い装備も充実】
フルフェイスヘルメット+αの大容量を確保したシート下トランクスペース、スマートフォン等を充電できるUSBソケット、使いやすさを考えたフロントインナーラック、給油しやすいガソリン給油口、かばんホルダー、U字ロックホルダー、サイドスタンドを装備。毎日使う人のことを考えた使い勝手の良い装備が充実。

【関連ページ】
スウィッシュ製品概要
http://www2.suzuki.co.jp/motor/product/ug125sebl9/top

【映像制作・配信】
MotoBasic
http://motobasic.com/
#motobasic

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする