Kawasaki New Z250 (2019) Test Ride Vol.3 カワサキ 新型Z250 バイク試乗インプレ・レビュー


































カワサキの250cc新型ロードスポーツモデル・Z250の試乗ショートレビューをお送りします。

最終回となる本編ではタイトな峠道を走行しながらあれこれフリートークしています。

~以下、カワサキモータースジャパンWEBサイトより抜粋~
軽量さとパワフルさを併せ持つ本格的スーパーネイキッドマシンZ250がフルモデルチェンジを果たし、新登場。高出力かつ操作性に優れる248cm³パラレルツインエンジンを搭載。良好なパワーフィーリングと、全回転域での出力向上を実現しています。また、大幅に軽量化されたスリムなシャーシは、優れた安定性と軽快で自然なハンドリングを実現し、扱い易い取り回し性能を獲得しています。加えて、Zシリーズ共通の「Sugomi」デザイン要素が、一目でカワサキのスーパーネイキッドとして認識できるシルエットを形成。アグレッシブかつ俊敏なイメージを与え、ライダーを魅了します。

【エンジン】
*高出力かつ操作性に優れる新設計248cm³水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。良好なパワーフィーリングと、全回転域での出力向上を実現しています。また、スムーズな吹け上がりや低回転域で力強いトルクを発揮するZ250のエンジンは、市街地での俊敏な走行を可能にしています。
*吸気経路がストレートで吸気管長が短く抑えられるダウンドラフト構造の吸気ラインを採用。高回転域でのエンジン性能向上に大きく貢献しています。
*エアクリーナーボックス容量を大きくしたことにより、吸気効率の向上を果たしています。また、上蓋部の剛性を最適化し、加速時の高揚感を演出するクリアな吸気音を実現しています。
*高性能なインジェクターとこれまでに培ったフューエルインジェクションのセッティングノウハウにより、サブスロットルバルブを不要とし、軽量化に貢献しています。
*エンジンの振動を低減する削り出しバランサーシャフトを採用。高速道路などでのクルージング時の快適性に大きく貢献しています。
*ギヤはクロスレシオで、スムーズなシフトチェンジに貢献しています。
*エキゾーストパイプ径を従来モデルのø25.4mm からø31.8mmに大径化し、全回転域の出力向上を実現しました。
*快適性を高めるラジエータファンカバーを装備。ラジエータからの熱風がライダーに当たらないように排出され、渋滞時におけるライダーの不快感を低減。また、フューエルタンクやフレームなどの温度上昇を抑制します。

【フレーム】
新設計のフレームは、Ninja H2からインスパイアされたトレリス構造を採用。先進解析技術を使用し、フレーム剛性の最適化と大幅な軽量化を実現しています。加えて、エンジンをストレスメンバーとして利用することで、軽量化に大きく貢献しています。
*従来のZ250と比べ、ショートホイールベース(Z250は従来モデルの1,400mmから1,370mmに設定)/ロングスイングアーム化とキャスターを立て気味にすることで、より軽快で自然なハンドリングを実現しています。
*新エンジンと新フレームに加え、細部に至るまで徹底した軽量化を実施した結果、Z250は従来モデルよりも6kg軽量な164kgという、同クラスでは単気筒エンジンモデル並みの軽量な車体重量を実現しています。
【サスペンション】
*大型モデルと同等の装備となるø41mmフロントフォークを採用(従来モデルはø37 mm)。高い剛性と優れた作動性により良好な接地感を実現しています。
*Zの特性に合わせ、リヤサスペンションのリンク比、サスペンション特性を最適化。上質なライディングフィールに貢献しています。
*リヤショックは5段階のプリロード調整が可能。ライダーの体重やタンデムライダーの有無に合わせ任意に設定ができます。

【関連ページ】
カワサキ新型Z250製品概要
https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z250/

【映像制作・配信】
MotoBasic
http://motobasic.com/
#MotoBasic

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする